Kayokyoku lyrics

夜空のイヤリング

夜空のイヤリング

Singer/Songwriter 八神純子

夜空に向って走る車のライト. あなたと寄り添えば 流星になるのよ. . さあ. . パーティを抜け出して. 二人きりのLove Song

天文学者になればよかった

天文学者になればよかった

Singer/Songwriter Masashi Sada

君がここから. 出て行く訳は. 幸せ描いた. 僕の設計ミスさ. 図面通りにゃ. いかねえもんだな. こんなに早く. すきま風吹くなんて

魔法使いの弟子

魔法使いの弟子

Singer/Songwriter Masashi Sada

むかしむかし. もっとずーっとむかし. とても貧しい若者がいたんだ. この町にね. それがある日お金持の. ひとり娘を ひと目みた時に

Sunday Park

Sunday Park

Singer/Songwriter Masashi Sada

公園のベンチで僕は. 過ぎた愛の. 哀しさを数える. ひとりそんな午後. 子供はブランコの順番 争い. 所詮 僕の愛も. それと同じ重みかしら

Ano Oka Koete

Ano Oka Koete

Pop Hibari Misora

山の牧場の 夕暮に. 雁が飛んでる ただ一羽. 私もひとり ただひとり. 馬(アオ)の背中に 眼をさまし. イヤッホー イヤッホー

Watasi Ha Machinoko

Watasi Ha Machinoko

Singer/Songwriter Hibari Misora

わたしは街の子 巷の子. 窓に灯が ともる頃. いつもの道を 歩きます. 赤い小粒の 芥子の花. あの街角で ひらきます. わたしは街の子 巷の子

Echigojishi No Uta

Echigojishi No Uta

Kayokyoku Hibari Misora

どうしてうたうの そんなにしてまで. ときどき私は 自分にたずねる. 心のなかまで 土足で踏まれて. 笑顔のうしろで かげ口きかれて

Tokyo Kid

Tokyo Kid

Kayokyoku Hibari Misora

知らず知らず 歩いて来た. 細く長い この道. 振り返れば 遥か遠く. 故郷が見える. でこぼこ道や. 曲がりくねった道. 地図さえない

Kanasiki Kutchibue

Kanasiki Kutchibue

Singer/Songwriter Hibari Misora

丘のホテルの 赤い灯も. 胸のあかりも 消えるころ. みなと小雨が 降るように. ふしも悲しい 口笛が. 恋の街角 露地の細道流れ行く

夢で逢いたいから

夢で逢いたいから

Kayokyoku 雅夢

淋しい時 思いだして欲しい. 僕がいつでも 見つめていること. またひとつ別れの涙 ながした後. 少し大人になる 今は哀しいけれど

みずいろの雨

みずいろの雨

Vocal 八神純子

あぁ みずいろの雨. 私の肩を抱いてつつんで. 降り続くの・・・. あぁ くずれてしまえ. あとかたもなく流されてゆく. 愛のかたち

フェリー埠頭

フェリー埠頭

J-Pop Masashi Sada

私フェリーにしたの. だって飛行機も汽車も. 涙乾かすには 短か過ぎるでしょう. でもさよならは まだ. 言わずにいいでしょう

Minato Machi Jusan Banchi

Minato Machi Jusan Banchi

Singer/Songwriter Hibari Misora

長い旅路の 航海終えて. 船が港に 泊る夜. 海の苦労を グラスの酒に. みんな忘れる マドロス酒場. ああ港町 十三番地. 銀杏並木の 敷石道を

虹の水

虹の水

Vocal Mariko Takahashi

ママ ギラギラと太陽が照りつける. ママ その腕を差しのべてくれるなら. ママ 子供達が貧しさに脅える. ママ ぬくもりを導く光

グランパ

グランパ

J-Pop Mariko Takahashi

彼とささいな口げんかをして. 旅に出たけど寒い. ウェストコーストの田舎の道で 出逢った渋いグランパ. 閉じた唇が がんこそうだね

Good-by Love

Good-by Love

Vocal 高橋真梨子

部屋においでよ 終わりの夜には. 買ってある 好きなワインを. . 涙を溜めて 乾杯しよう 悲しい恋を忘れる為に. Oh, Good-by Love 遅すぎるけど

無伴奏

無伴奏

Vocal Mariko Takahashi

偶然彼を見た. 人の波にまぎれ隠れた. あの娘の肩を抱き. まるで映画のよう. 瞳 釘付け. 雨の中を. 車止めて. ワイパーのきしむ音

もうちょっと見つめて

もうちょっと見つめて

Vocal 高橋真梨子

最期のデートの予感がした. それでも 逢うのが楽しみだった. 食事も出来ず お酒も飲めず 笑顔をふりまいた Woo. "ごめん"と小さく聞こえた時

黄昏まで

黄昏まで

Vocal 高橋真梨子

気づいたら時計は 午前二時をさしてる. 着替えても こうしていて 朝までこのままで. 酔いしれる歌声 それは男と女

Excuse Me

Excuse Me

Vocal 高橋真梨子

男のこころ 油断(スキ)だらけ. 冷めてる場合じゃない せつなくなるね. でしゃばり女 手ごわい女. 口びる震わせ ラブコール "Freeze!"

君の海に

君の海に

Vocal 高橋真梨子

"貴方には 彼女 似合いだね"と. 明るかった君が 涙こぼしてた. "やめろよ"と 言葉濁したけど. 自慢だったドレス 無視した夕暮れ

恋する瞳

恋する瞳

Vocal 高橋真梨子

淋しさという名の海で. めぐり逢う恋人たちは. 耳に貝殻を 当てて聴くでしょう. 遠いさよなら. この恋は夢だと思う. 壊れて消えると思う

軌道

軌道

Vocal 高橋真梨子

云えなかったの本当の事. 何だか素直になれなくて. 反対ホームで 手をふった. 泣いてた私が 見えるかな. ずっと手紙も 書きつづけてた

You're So Far Away

You're So Far Away

Vocal Mariko Takahashi

You're So Far Away-高橋真梨子. ベランダに日は落ちて. トパーズに染まる街. もう あなたいいのよ. 気にしないで私なら. コーヒーはコロンビア

蜃気楼

蜃気楼

Vocal 高橋真梨子

夕なぎの髪はしとやかに. 恋に乱れようとはしない. あまねく誘う. 貴方の目さえ うつろで. 葡萄酒のあつい香りから. たちこめる嘘でかまわない

ハート&ハード ~時には強く時には優しく

ハート&ハード ~時には強く時には優しく

Vocal Mariko Takahashi

からみついた心の糸. 全てを今 解き放つの. 手の届く 所にいる. あなたの瞳は深い海の底. 空にも似た背中見つめ. 遠い日々を 想い出すの

遥かな人へ

遥かな人へ

Vocal Mariko Takahashi

むかしふたり住んだ 街によく似てるね. いつか見た太陽 Bright 背中を指さす. 道は別れるけど ひたすら強くなれ 命のシルエット

ランナー

ランナー

Vocal Mariko Takahashi

夜明けの街を一人走る. あなたの夢は破れ. 汚れたシューズ. 投げ捨てて. 部屋をとびだした. 生きる事さえ恨んでると. あなたは酒に溺れ

連絡

連絡

Vocal Mariko Takahashi

今日も君からの連絡ないまま. 時計は夜中の4時を指す そんな毎日で. スーツを着る時 ふと思い出した. 君の手がいつも優しくて 石鹸の香り

桃色吐息

桃色吐息

J-Pop Mariko Takahashi

咲かせて 咲かせて 桃色吐息. あなたに 抱かれて. こぼれる華になる. 海の色にそまる ギリシャのワイン. 抱かれるたび素肌 夕焼けになる

五番街のマリーへ

五番街のマリーへ

J-Pop Mariko Takahashi

五番街へ行ったならば. マリーの家へ行き. どんなくらししているのか. 見て来てほしい. 五番街は古い町で. 昔からの人が

別れの朝

別れの朝

Vocal Mariko Takahashi

別れの朝ふたりは. さめた紅茶のみほし. さようならのくちづけ. わらいながら交わした. 別れの朝ふたりは. 白いドアを開いて

Sincerely

Sincerely

Vocal Mariko Takahashi

とっても 久しぶりね. あなたと別れてから. 夢でしか 逢えなかったのに いつでも. 楽しく 暮らしてる? と. 聞こうと思ったけど

星のラブレター

星のラブレター

J-Pop The Boom

庭に出て月あかりであたたかい夜に. 君に書いたラブレターを読み直してみるよ. 我ながら良く書けた文だ 三枚も書いた

島唄

島唄

J-Pop The Boom

でいごの花が咲き 風を呼び嵐が来た. でいごが咲き乱れ 風を呼び嵐が来た. くり返す悲しみは 島渡る波のよう. ウージの森で あなたと出会い

悲しくて

悲しくて

Kayokyoku 雅夢

薄く曇った 硝子窓. コトコト揺らす風の便り. ひとり暮しの この部屋に. 訪れた寒い季節. ひと冬前は わたしの. 躰あたためる あなたが居た

Music Genres